王室ブランドであるカルティエで結婚指輪を選ぶ

リング

末永く使う物だから

男女

壊れない象徴

結婚指輪は、結婚した夫婦が一生の愛を誓い薬指につける物なので、壊れにくい頑丈な物を選ぶと良いでしょう。地金はゴールドやプラチナなどの高価な物から、シルバーやステンレスといった安価な物まで様々です。一番人気なのはプラチナです。プラチナは、色の変色がほとんどなく、万が一指輪のサイズが変わって入らなくなった場合でも、サイズ変更を行なうことができるという特徴があります。また、結婚指輪は普段使いの物なので、婚約指輪に比べると地味ですが、メレダイヤや誕生石を入れると華やかになります。表に埋め込んでしまえば普段から邪魔になりませんし、裏に埋め込む事も出来ます。夫婦2人しか持てない希少な結婚指輪になるので、魅力の1つです。もっと派手で豪華な結婚指輪なら、ダイヤモンドが隙間なく埋め込まれているエタニティリングです。エタニティとは永遠と言う意味なので、結婚指輪はピッタリです。ただ、金額的には高価なので難しいと考えるなら、ダイヤモンドが半周取り巻いているハーフエタニティを選ぶと良いでしょう。指輪は普通につけているなら見えるのは半分なので、ハーフエタニティでも周りには分かりにくいです。ダイヤモンドは硬度が高く、割れたり壊れたりしない事から人気が高いです。婚約指輪のように立て爪でダイヤモンドがハマってるわけではないので、ダイヤモンドが外れてしまうトラブルもそうそう起こらないです。エタニティリングでも普段使いで大丈夫です。